テレセ体験談

テレセの種類について

テレセには様々な種類があります。
シングルの人で、相手がいないからテレセを募集した人や、カップルや夫婦同士でのテレセ。
相手がいる人でも、パートナーとのセックスでは物足りないと言う人など、様々な人がテレセを利用しているのです。
テレセの種類も様々ですが、テレセを探す手段も何通りかあります。

ツーショットダイヤル系・テレクラでは、電話越しにセックスをする、一番オーソドックスな方法です。
1980年代にテレクラが流行り、それがスタートになっていると言われています。

メールや掲示板を中心にコミュニケーションするサービスで、出会い系サイトから募集をする、コミュニティサイト系で募集する方法もあります。
最近のコミュニティサイトには、テレビ電話機能を持つサイトや、テレビ電話相手を募集できるサイトもあり、テレセへのアプローチ方法の一つとして、大きな注目を集めています。

基本的に女性側が待機しているライブチャット系もあり、待機中の女性の中から好みの女性を選び、音声やチャットで会話をする事ができるシステムです。
テレビ電話ができることが、最大の特徴だと言われていて、映像と声でセックスを楽しむことができるので、男性にはすごく興奮すること間違えありません。

でも、女性も、男性が興奮するところや、男性のモノを見ているだけで、興奮してしまうんですよ。
こんなに大きいの・・・挿れてほしいのに、電話だからできない・・・
そんなじれったい気持ちにも興奮して沢山濡れちゃうんです。

わたしのテレセ体験談

これは、わたしが実際に体験した話です。
遠距離の恋人ができました。
実際に会えることはなくLINEと電話のやりとりの関係でした。
わたしは、その人の声がすごくタイプですぐキュンキュンしていました。
何度か電話で話をしているうちに話題がソッチの方向に…
お互い電話での経験なんてなかったのですが彼の言う言葉を妄想して始まってしまいました。
彼の低い声も大好きで、その声でいやらしいことを言われるだけですぐ濡れてきてしまいました。
自分でもビックリしました。
妄想ですが自然と息も荒くなりハァハァと息がもれます。
それに彼も反応してくれて嬉しくもなりました。
彼の言うことに身を任せ指で触れるといやらしい声まで出てしまいました。
彼の吐息が聞こえるとますますドキドキして妄想が膨らみます。
妄想でお互いにしてもらっているのですが実際には自分で触っているので気持ちいいという感覚しかありません。
痛い事もないのであっというまに果ててしまいそうになります。
彼はSだったので焦らされて焦らされて大変でした。
声だけなのに、普通の行為とかわらないくらいの気持ちよさでした。
彼は、わたしの達するときの声がお気に入りでした(笑)
ただ、何回もしているうちにやっぱり実際に彼のものを触れない入れてもらえない寂しさは出てきてしまいました。
テレセってほんとの行為よりもお互いを信頼してからじゃないとできないことなんじゃないかなと思います。
相手が何をしてるか見えないですからね。