テレセ体験談

思いつきで中学時代の同級生の家へ電話・・それから・・

私は、中学生時代の同級生と、テレセをしたことがあります。
大学生時代の夏・・私は、とにかくムラムラしておりました。
そんな時、なぜか中高生時代の(少しはモテた時期の)郷愁へとひたってしまいます・・
中学時代に、SMという同級生の女子がいました。
彼女は、なんとなく私に興味がある、ということが分かっていました。
なぜかと言うと、私の股間が膨らんでいるのを直視して、「触ってもいい・・?」と聞いてきたことがあるからです。
その時はなんとなく誤魔化してしまいましたが、それをきっかけに付き合っても良かったのではないか、と繰り返し想像するようになり・・
大学生のころになって、さらに彼女への欲望は強くなりました。
そこで、ふとした思いつきで彼女の家へ電話してみようと決めたのです。
卒業アルバムで確認して、すぐ行動にでてしまいました。
彼女が出たからといって、一体何を話せばいいのか・・無言で切ろうか、とも考えましたが・・
何回かコールが鳴った後、彼女が出ました。
彼女の声がして、それに対して私が「え〜と・・」と口ごもっていると、「もしかして○○君?」とすぐに反応してきました・・
もう自分だということが分かってしまったので、気が楽になりました・・
それから、彼女としばらく中学時代の話をして盛り上がりました。
盛り上がって・・性的興奮も天井まで届くぐらい高まってしまいました。そして、当時なぜ「触ってもいい・・?」と聞いてきたのか・・質問をしてしまいました。
すると、彼女は「触りたかったから・・」と答えます。
なんとなく、電話の向こうが「いやらしい」ムードになったことを感じました。
そして、それを感じ取った私は、「当時を思い出すと股間がギンギンになってしまう」、と思いのたけを伝えました。
彼女は・・「濡れてきちゃった・・」と言います。息づかいも何となく荒くツヤっぽくなってきたようで・・声色も怪しい感じになってきて・・
電話越しから、服が擦れるような音も聞こえてきます。
すると、「今、私が何しているか・・分かる?」と聞いてきました。
私が、「オ○ニー?」と聞き返すと、「気持ちいいよ・・」という彼女・・
そこで、互いにオ○ニーをする流れになってしまい、互いが果てるまで電話での応酬が続きました・・
「○○君のアソコ、絶対大きいよね?ずっとそう思ってた!」「言ってくれれば見せてあげたのに!」、そんなやりとりが続きました。
それから・・互いが「賢者タイム」に入ってからは冷静になり、「今度○○で会いたいね」と、会う約束をとりつけ・・会った日の夜は・・もうケダモノのように互いを求め合いました。

ネットで知り合った女性とのテレセ体験談
私はネットで知り合った女性とテレセをやってみた経験があります。
今回はその時のことなどについて書いてみたいと思います。
先ずテレセとは簡単に説明すると電話でエッチな会話をしながらお互いにおナニーをするプレイです。
私がテレセをした相手と知り合ったのは出会い系サイトを利用した時でした。
職場やプライベートでは異性との出会いが無かったので試しに出会い系サイトを利用してみたところ知り合った女性の中にその人がいました。
特にその人とは気が合ったので色々と話してみると旦那さんとは別居状態で離婚間近の人妻だという事が分かりました。
欲求不満っぽかったので押せば行けるかなとも思ったのですがいきなり直接会おうとして失敗したら嫌でした。
そこで脈アリか試すためにとりあえずテレセに誘ってみると彼女も興味を持ってくれてOKしてくれました。
実際にテレセをやってみることになり最初は雑談から始めました。
軽い雑談からだんだんとエッチな会話にシフトしていき「オナニーはどれくらいするの?」「旦那さんとはどんなエッチしてたの」と聞いたりしました。
特に旦那さん関連の話をすると背徳感があるためか彼女は興奮していました。
気分も高まってきたところで上半身を愛撫するように彼女に指示を出しました。
最初は服の上から乳首を擦りながら胸を揉むように指示しました。
電話越しに彼女の喘ぎ声が少し聞こえてきて感じ始めたなと思ったところで「上半身裸になって」と言いました。
胸を揉みながら乳首を摘むように言うと彼女は喘ぎ声を出しながら「気持ちいい」と言っていました。
彼女の声を聞いていたらこちらも興奮してきたので下半身も脱いで全裸になるように指示しました。
「いっぱい濡れてる?」と聞くと「うん」と答えたので愛撫無しで挿入することにしました。
実際に挿入するていで「ギンギンに勃っちゃってるからまう入れるね?」といいました。
彼女と実際にセックスしているのをイメージしながらやるのは気持ち良かったです。
彼女もそう感じたようでお互いにイッてしまいました。
それからも定期的にテレセをやったことでより仲良くなることができたのですんなり会うことができました。
彼女の離婚が成立したところで付き合うことになりました。
彼女とはよくエッチをしていますが今でもテレセをやっています。

親友の彼女とテレセ関係になりましたが罪悪感がありました
学生時代に知り合った仲間とグループで遊んでいたのですが、仲間内二人が付き合う事になりました。
男の友人は性格も良くて女性にもてるタイプでしたので浮気を心配していたのですが、予想通り度々浮気を繰り返すようになりました。
親友の私に、今日の女は抱き心地が良くて2回もやってしまった、と自慢げに話してくるのですが、もちろん秘密であり彼女に告げ口はできません。
彼女も彼の行動に不満を抱き出したのですが、その矛先は私に向けられて度々相談を受ける事になりました。
電話で相談をされたのですが、彼氏が最近相手にしてくれなくて遊びに行かなくなったと不満を言ってるのです。
彼女の意見を聞いて、彼も忙しくて時間が無いだけだろうと言いましたが、まさか浮気をして遊んでいるとは口が裂けても言えません。
誤魔化してお茶を濁すしか方法が無かったのですが、毎日の様に愚痴を聞いては諭していましたので、彼女の中で私の事を良い風に思う様になって行きました。
今の彼よりも優しい私と付き合いたいと言い出し、別れて一緒にいたいと言うのです。
気持ちは判るのですが親友の彼女ですし、長年の友人なので裏切る事はできませんので気持ちを受け取りつつ丁寧に断りました。
すると彼女の中で仮想でも良いので抱きしめて欲しいと言い出し、優しくして欲しいと言って来たのです。
もしかしてテレセと思いましたが、幾らなんでもそう言う気持ちにはなりませんし、親友の彼女なので罪悪感の方が先走るのです。
ですが実際に抱く訳ではありませんし電話の上だけの事ですので、浮気には当らないと理由を付けてテレセをする事になってしまいました。
始めはお互いに恥ずかしさもありましたので控えめだったのですが、次第に彼女が興奮をしだし自分の世界に入って喘ぎ出して行きました。
凄く興奮をしている彼女でしたが時折○○と彼の名前を出してしまい、その度にテンションが落ちてしまいましたが、心の中で彼の事が忘れないので本能で名前が出てしまったようです。
彼とはサークルの関係で度々顔を合わして食事等をしていたのですが、二人だけの秘密でありましたので彼には罪悪感を感じていました。
テレセだけの関係で実際に彼女に触れた訳では無いにも関わらず、浮気をしてしまった気分になる付き合いでした。

テレセで、声を聞いてもらいながらのオナニー
私は、性癖的にM気質で、オナニーをする時に自分の感じている声を聞いてもらったり、女性の声を聞きながらするのが好きなので、出会い系サイトで相手を探してタイミングが合う時に出会えたらテレセでオナニーしています。
通常、出会い系でテレセを希望する女性は、イメージプレイを痛い方が多いです。
目の前に女性がいるのを想像して、自分がその女性を愛撫しているかのように言葉で責めてあげて、電話の向こうで女性がオナニーをしている声を楽しむ方が多いと思います。
しかし、私の場合はイメージプレイで責めるのは苦手なので、出会い系で募集したり、募集している女性にコンタクトをとる場合は「通話しながら一緒にオナニーしたい」とか「オナ声聞いてください・オナ声聞かせてください」というスタンスで書き込みします。
利用するサイトは、PCMAXかMコミュです。
他に利用している出会い系で、ハッピーメールもあるのですが、ハッピーメールの場合は、テレセでもサイトのポイントを利用する形なので、コスパ的にテレセでは利用していません。
相手が見つかったら、非通知で相手から発信して電話する方が良いという方と、こちらから電話かけて欲しいという方といるので、それは相手の要望に合わせます。
通話し始めたら、いきなり始めて欲しいと言われる事が多いです。
顔の見えない相手に、自分が今どんな風にオナニーしているのかを話しながら、喘いだり悶えたりするような声を出しながらオナニーします。
「イキそう」とか「イッテ良いですか」と会話しながら、相手の女性が満足してくれるまでは寸止めしながらオナニーします。
本当にイキそうになっている時は、実際は手は休めているのに喘いでみたりとか、相手に姿が見えていないので、盛る部分はあります笑。
相手の女性も勝手にオナニー始めたりしている時もありますし、私の声を聞きながら言葉責めしてくれる女性もいます。
自分で動画や画像を見ながらオナニーする場合、イクのは自分のタイミングですし、完全に一人の世界ですよね。
それに対して、テレセでオナニーする場合は、相手が満足してくれるまでイクのを我慢したり、場合に寄っては電話の相手と一緒にイクことが出来るので、一人のオナニーよりも満足度が高いと思います。