留年しそうになったけどフェラで許してもらう

高校2年の期末テスト、赤点を3科目も取ってしまいました。
何とか2つの科目は、追試でクリアすることができましたが、最後の一科目は、追試でも赤点を取ってしまいました。

これにより、私の留年が決定してしまうのですが、それだけは何としても避けたかったので、先生に必死になって懇願しました。
しかし先生は、「もう1年やり直せ」と言って、聞いてくれません。

それでも私は、必死になって先生にお願いしました。
すると先生は、「今日の5時に○○駅に来い」とだけ言いました。

私は先生の言うとおり、5時に○○駅へと向かいました。
すると先生が、「このまま留年をするか、もしくは俺のチンポをフェラするか、どっちか選べ」と言ってきたのです。

それを聞いた私は、一体何を言っているのか、よく理解できませんでした。
しかし先生は、「留年かフェラか、さっさと選べ」としか言いません。

私は迷わずフェラを選びました。
その後、先生が私をホテルへと連れていきました。

そして、ホテルの中で先生にフェラをさせられたのです。
正直、フェラをするのは物凄く苦痛でしたが、留年するぐらいなら、フェラをする方がよっぽどマシでした。

結局、先生をフェラしたことにより、留年は免れました。
ただ、2度とあんな目には会いたくないと思い、これからはしっかりと勉強することを誓いました。
あの時セックスしろと言われても断り切れたかわかりません。

こちらの記事も読まれてみます

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫